産業用PC・サーバ
OEM・筐体製造・カスタムサービス

OEM・筐体製造・カスタムサービスとは

近年、「IoT」により、従来、コンピュータが組み込まれていなかった様々なモノにもコンピュータが組み込まれ、産業グレードのコンピュータに求められる要求仕様が多様化し始めています。
例えば、お客様が開発される製品、システムにおいて、従来のパフォーマンスや消費電力、コストといった一般的な設計仕様だけではなく、開発デバイスの設置場所に向けた耐環境性能、組込みに向けたコンピュータの外形寸法や形状、温度や排熱設計、クラウドへの接続など、新しいデバイスの開発には、これまで以上に多種多様な要求が発生しています。

当社は、多種多様な産業用途のコンピュータにつき、お客様の製品開発ロードマップの把握から開始させて頂くことで、将来的な採用ハードウェアの仕様変更も考慮にいれながら、ベンダーロックインされ難い、中立な立場での仕様検討からハードウェアをご提案いたします。当社は、特定のコンポーネントメーカーにとらわれずに、最適なベンダーを組合せることを強みとしており、お客様の開発課題やご要望をお聞かせいただく事で、最適なハードウェア構成でのカスタム産業用コンピュータ、産業用PCを提案し、量産化までのご支援をさせて頂きます。

小ロットでも筐体製造のご提案が可能です。

シャーシをカスタムする利点

  • 長期に渡る安定供給が可能。
  • お客様の開発デバイスでのオリジナル性の発揮、ブランディング。
  • シャーシサイズを固定にすることで、組込み仕様は変えずに、内部仕様変更が容易。

OEM・筐体製造・カスタムの提案プロセス

  • 要望内容の確認ステージ

    用途(アプリケーション)、予算、納期、スペック、筐体(シャーシ)のサイズ、修理サポート期間、OS、EMC……等を把握させて頂き、最適な組合せを算出します。

  • 仕様要求の確認ステージ

    ご要望を最大限に取り入れた内容での仕様を提示して確認します。

  • 選定した構成の仕様確認ステージ

    仕様最終確認であり、サンプル製造の判断になります。

  • 評価試作機での確認ステージ

    サンプルを製造して、お客様側の評価検証になります。

  • 量産スケジュールの確認ステージ

    サンプル評価の内容をフィードバックして頂き、修正箇所、追加カスタムを確認して量産スケジュールの調整を行います。

産業用PC・サーバを組み上げる主なパーツ

オプションメニュー

1. サーマルシミュレーション

  • 試作の前段階で、筐体サーマルシミュレーションを行なうことで、排熱設計の確認、冷却性能の測定を行います。
サーマルシュミレーションデータ例(イメージ)

2. 恒温槽を利用した環境試験

  • 筐体から特定構成パーツ単体まで、恒温槽を利用した高温/低温環境での動作試験により問題なく動作することを実測します。
恒温槽による温度試験

3. 認証取得サービス

開発する製品を市場に出荷する際、法令や指令により所定規格への適合が要求されている場合は、組み込むコンピュータの部品選定段階からその規格を考慮する必要があります。当社では関連するEMC規格を主とした認証取得に対応しております。


詳しくは『認証取得サービス』をご参照ください。
https://www.analogtech.co.jp/products-Certification

資料請求・お見積・導入に関するご相談等、お気軽にお問い合わせください。